中高一貫の学校は高校受験をする必要がない

高校から私立の学校に入学

中高一貫の学校は高校受験をする必要がない 中高一貫校と言われる学校においては、まずは中学から入学してくる生徒がいます。ではそれだけかですが、一応高校からも入学できるようになっています。同じ高校に生かせるのであれば、中学は公立で、高校は私立でと考えることもあります。高校で勉強することには変わりありません。しかし、実際のところは中学から入る場合と高校から入る場合には差がつくこともあります。これは中高一貫校における教育方針によるものになるでしょう。

中高一貫校は6年間をスパンとして考えていて、中学の終わりには高校の授業を開始します。早ければ高校2年には高校3年までの単位を取り終え、高校3年の時には受験対策に専念できるようになっています。同じ高校に高校から入学する場合はもちろん高校の内容は高校から始まることになります。学校にもよると思いますが、中学から入学している人とはクラスがおなじになることはないようです。同じ学校でも別扱いになるのです。

もちろんこのような体制でなく、高校から入学した生徒が中学から入学している生徒と机を並べることはあります。高校の卒業生の進路がいいからといって、それが中高一貫生なのか、高校から入学している人も含まれるのかがあります。


Copyright(c) 2022 中高一貫の学校は高校受験をする必要がない All Rights Reserved.