中高一貫の学校は高校受験をする必要がない

私立学校では入学当初は学力の差が小さい

中高一貫の学校は高校受験をする必要がない 公立の高校の場合、一応学力応じて進路を選ぶことができます。大抵は自分の住んでいる都道府県内を選ぶことになりますが、そのトップクラスになると全国でもトップクラスの大学への進学者も多くなっています。ですから地方に住んでいる人でも高いレベルで勉強することは可能です。ただしすべての人が同じように考えているわけではなく、普通のレベルのところに高いレベルの人が入学することもあります。近いからとの理由があるようです。

私立学校の場合は近いからと選ぶことは少ないでしょう。どうしても授業料がかかるからです。レベルの高いところであればそこに合格ができるようなレベルの生徒が集まってきます。自ずと同じような学力の生徒が集まりやすくなるのです。授業においても誰かが簡単すぎて物足りなく感じることは少ないですし、難しいからといって脱落していくことも少なくなります。あくまでも入学当初には学力の差なく授業が受けられるようです。

入学してからはそれぞれの人のやる気であったり対応でどうとでもなります。あまり勉強熱心でなければ残念ながらレベルも下がってしまって授業についていけなくなることはあります。ギリギリで入った人などは注意しないといけないでしょう。


Copyright(c) 2022 中高一貫の学校は高校受験をする必要がない All Rights Reserved.