中高一貫の学校は高校受験をする必要がない

私立中高の学校では先生が変わりにくい

中高一貫の学校は高校受験をする必要がない 公立の学校に関しては先生はそれぞれの市区町村や都道府県に雇用されています。義務教育であればほとんどが市区町村が一つの母体になっていて、その下に各中学などが所属することになります。ある程度は同じ所に所属するようにはなっていますが、会社で異動があるように市区町村ないで異動が実施されます。そのためにそれまで教えてくれた先生が突然別のところに行ったり、新しい先生が急に来たりします。生徒としてはあまり嬉しくありません。

私立の中高に関してはどうなっているかですが、それぞれで雇用されることになります。ですから、異動によって先生が変わることが少なくなります。もちろん先生自身が退職をしたり、新しく入ってきたりはあります。しかし公立に比べると頻度は格段に少なくなります。入学する時から卒業する時まで同じ先生に教えてもらうこともあります。合わない先生となるとなかなか嬉しいとは思えませんがいい先生なら行くのが楽しみになることもあるでしょう。

担任の先生に関しても入学から卒業まで同じになることがあります。クラス替えなども無く同じクラスで勉強していくこともあります。クラスが変わるとストレスになることもありますが、変わらないので気楽に過ごせます。


Copyright(c) 2022 中高一貫の学校は高校受験をする必要がない All Rights Reserved.