中高一貫の学校は高校受験をする必要がない

私立中学校ではレベルが高い授業が受けられる

中高一貫の学校は高校受験をする必要がない 義務教育においては生徒のレベルも様々です。小学1年生位だとそれほど差はないと思いますが、2年、3年と内容が難しくなるにつれて徐々に差が出てくると言われます。では授業はどのように行われるかですが、中間的な学力の子に合わせることが多いです。そのため、学力が弱い子はそのまま置いて行かれることがあり、高い子に関しては簡単すぎて面白くないなどになります。義務教育ではどうしてもレベルの高い授業は難しいです。

私立中学校に行かせる理由としては、公立よりもレベルの高い授業が受けられることです。私立はわざわざ受験をして入学してきます。また、レベルが高い場合はそれだけこどものレベルも高くなります。その子どもたちがついていけるような内容になっています。公立では物足りないと思っていたレベルの高い子でも、私立の授業なら満足いける、場合によっては少し高いぐらいのことがあるかもしれません。レベルが高ければ、学力アップも期待できます。

カリキュラムもある程度の独自性があります。将来的には理系に進む人の養成があり、英語と数学の授業を多めに設定することがあるようです。国公立の医学部への進学を希望する生徒が勉強していくのにいい環境なのです。


Copyright(c) 2022 中高一貫の学校は高校受験をする必要がない All Rights Reserved.